地下鉄のキャッシュレス

急速に拡張が進む上海の地下鉄であるが、一回一回切符を買うのは至極面倒である。例の使い勝手の悪い券売機の前の列で待たされることもあれば、券売機がマトモに稼働していない場合もある。よくあるのが「Coin Only」という表示で、要は釣銭が切れているのか、硬貨でないと買えないのである。おり悪く日本の500円玉とほぼ同じ大きさの1元硬貨を複数枚持っていないと、時に地下鉄の乗車券も満足に買えない。深圳の地下鉄では、紙幣が使えても5元札か10元札しか使えない、という券売機で難儀したことがある.......
そこで頻繁に地下鉄を使用する場合、日本における場合と同じく、料金をチャージして使用するICカードを使うことになる。この地下鉄のカードは大陸で共通化されていない。上海なら上海の地下鉄カード、深圳なら深圳の地下鉄のカードが必要になる。とはいえ少額なものであるから、都市ごとに作り、毎回の渡航時にこの地下鉄のカードを持って行っていた。しかし今回久しぶりに渡航するにあたって、上海の地下鉄のカードに限って、日本から持ってくるのを忘れていたのである。

仕方がないので、新たにカードを買うしかない。このカード、以前は地下鉄駅の窓口で購入できた記憶がある。世紀大道の地下鉄2号線の駅、改札近くの窓口に行く。しかし窓口では今やこのカードが買えないという。
2015年を以て、地下鉄カードの窓口での販売を取りやめたそうだ。以前は地下鉄のカードの購入、およびチャージをするために、改札近くに設けられている円形のカウンターの窓口には、人が群がっていたものである。省力化のためであろうか。今ではこの改札窓口に人が並んでいる光景を目にしない。ともあれ地下鉄カードの販売をやめるのは勝手であるが、ではどこで買えばいいのであろうか?一応、どこそこに一か所、発券所がある旨、書かれているのであるが(どこの駅でもあるわけではない)。行くのは面倒である。
あたりをみると地下鉄の券売機ならびの横には、カードの販売、およびチャージを行うと思しき、いささか目新しい機械がある。ところがこの機械、現金の投入口がどこにも無いのである。ロゴマークの表示を見る限り、銀聯の決済が使えるようであるが.......香港の地下鉄のカード、通称”オクトパス”は現金でカードを買えるし、コンビニでチャージも出来る。深圳は臨時窓口のようなところで、カードを現金で売っている。上海ではいち早くキャッシュレス化、ということなのだろうか。ともかく、大陸のデビッドとしては古株の、銀聯カードがあれば買えるようである。幸いにして、銀聯の機能が付与された中国銀行のキャッシュカードを持っていた。

これを使用して買おうとしたのであるが..........どうも50元分の乗車料金と、カード発行手数料の20元分の決済は終了したと思しき反応が、機械の表示からは見受けられたのであるが、肝心の地下鉄のカードが出てこない。いくら待っても出てこない。
仕方がないので、改札口に設けられている窓口の駅員に聞いてみた。駅員も要領を得ないような表情で、その辺の他の駅員を呼び、何やら相談していたのであるが、別の駅員の付き添いで、発券機のところでもう一回やってみるように言われる。同じ手順で50元分のカードを買おうとしたところ、今度はなにやらレシートのようなものが出てきた。1回目のトライではレシートすら出なかったが。レシートにははっきりと、50元分のチャージと、発行手数料70元が引かれた明細がプリントされている.........ところが、いくら待ってもカードが出てこない。今度は駅員の目の前である。そこでまた窓口の方に行って駄目だった旨を伝えたのである。窓口の中年配の女性の駅員は、面倒くさそうにファイルを引っ張り出し、いくつかページをめくっていたが、対処法がマニュアルになかったのであろう。あきらめた顔で「カードの自動発行機のところに電話番号が書いてあるから、そこに電話するように。」と、言うのである.......カードの券売機の事は、会社が違うからわからないと言う.........電話しても、決済は済んだがカードが出てこない、2回試したが駄目だった、などという事をどう説明したものか。
付き添った店員は素知らぬ顔でどこかへ行ってしまった........不案内な外国人に代わって、ちょっと電話で状況を説明してくれてもよさそうなものなのであるが........ああ、この塩対応、どこか懐かしさを覚えるこの感じは......と記憶を揺り起こしてみると........そう、これは紛れもなく、昔の社会主義中国、皆が国営だった、あのころの雰囲気である。あの頃はまだ骨董街で安価に面白いモノが買えたなあ......と感慨にふける暇もなく、この時は人を待たせていて時間があまり無いので、とりあえず普通の券売機で一回分の券を買って先を急いだのである。

夕方、上海人のD君に会ってそのことを話すと「それは”メイバンファ”ですね。たぶん、電話してもラチあかなかったでしょう。その発券機の会社の人は、駅員に聞いてくれ、と言ったでしょう。」という。まあ、2回分で140元、邦貨にして2,000円超は授業料という事か........もう少し長期滞在で時間があれば、そのカード発行機のサービスに電話してみるのも一興であったかもしれないのであるが。

それにしても現金でカードが買えないというのは、時には不便である。思えばたまたま銀聯を使えるキャッシュカードを持っていたからまだ購入をトライできたが、現金しか持っていない、海外からの短期滞在者はどうすればよかったのであろうか。
この地下鉄カードの発券機が、現金で購入できないように作られている理由としては、ひとつにはコストの問題があるだろう。硬貨や紙幣を扱うメカニズムというのは複雑で、動きのある機械というのは故障しやすく、メンテナンスも必要になる。センサーやアンテナで、ICカードを読み取るだけの機構であれば、ある程度簡単なもので済むのである。
また便利なようで不便なのは、この上海の地下鉄のカードは、他の都市では使用できないのはもちろん、地下鉄に乗る時しか通用しないのである。日本のこの手のICカードであれば、他の鉄道会社にも乗れるし、買い物も可能である。たとえば香港の”オクトパス”は、やはり地下鉄やバスだけではなく、コンビニやスーパーなどでの買い物も可能である。香港などは硬貨が大きく重いので、”オクトパス”カードに多めにチャージしておくと、小銭を持ち歩かなくてよく(香港の硬貨は英国を倣って大きくて重い)、さらに便利なのである。

ともあれ猛烈な勢いでキャッシュレス化が進んでいる大陸であるが、なかば屋台のような零細な飲食店の、至極少額の決済であってもスマートフォンで行うようになった理由のひとつには、偽紙幣の横行も影響している。最高額紙幣の100元札だけではなく、10元や20元など少額な紙幣にまで偽札が氾濫し、1元硬貨に至っては、そのまま通用しているようなありさまである。キャッシュレス化は、要は自国の貨幣に信用が無い、という事でもある。
とはいえ、現金で支払うことができないわけではもちろんなく、タクシーでも飲食店でも、いまもって現金払いは可能である。しかし何故、地下鉄のカードは原則出来ないのであろうか........?ICカードの利用によってキャッシュレスになったところで、そのICカードの購入もキャッシュレスとは........たしかにお金など、数字の羅列にすぎないのであろうけれど。
キャッシュレスにするのはまあ、良いとしても、扱う機械が故障しているのでは意味が無い。また機械というものは、そのそも故障するという事を前提に業務を組むべきであろう。

大陸で急進するキャッシュレス化に、ひとりの外国人としてはついていけないものを感じるが.....便利になったのか不便なのかわからない。どうもこのキャッシュレス化、そもそもの利便性の向上とは別の理由があるのではないか?と考えたくなる。急激に拡張する上海......に限らない、大都市の地下鉄網であるが、あるいは人員の拡充がついて行っていないのかもしれない。
昔の大陸の鉄道や空港といえば、数人かたまってのどかにおしゃべりをしている年配の駅員の一群をどこでもみかけたものである。しかし今は何かを聞こうとしても、しかるべき人を捕まえるのがとにかく難しい。それらしい人を捕まえて尋ねても「私は駅員ではありません。」という事が多い。インフォメーションのカウンターがあっても、そこのスタッフは駅の事はまるで知らない、という事もままある。
人員が拡充されているのは、改札を通る前のセキュリティチェックの要員ばかりである。改札前のセキュリティチェックの要員は、以前はまるでやる気がなく、大半の人が無視して通過していたものであるが、今ではきちんと手荷物をスキャンしないと通してくれない。どころか、荷物の内容を確かめられることもある。こういう部分だけは管理が強化されているようである。
それは都市の地下鉄に限らず、国の大号令で進む鉄道や空港でも同様である。空港内ないしは駅の構内に入る前に、かなり厳重にチェックされるのである。さらにいえば、赤字経営が必然のこれら公共インフラの経営には、セキュリティ以外の部署での、人員確保の余力がないのかもしれない。キャッシュレス以前に、要ヒューマンレス、という事情があるのではないかと、考えたくなる........昔の大陸の交通機関は、人が多い割に処理が遅く、なかなか思うように事が進まない場合が多かった。いまさらながらにアナログ的手段も残しておいてほしい、と思う出来事であった。
落款印01

営業再開遅延のお詫び

ながらくお休みをいただいて申し訳ございません。26日から再開予定でしたが、27日付を以て営業を再開いたします。ご不便をおかけして大変申し訳ございません。どうぞご利用ください。

 

 

仕入れと調査のために渡航していたのですが、25日上海浦東の便が悪天候のために帰国便が欠航になり、帰国が一日ずれてしまいました。思えば遅延は何度かあっても、海外で欠航にあったことは幸いいままで無かったのですが、すこし飛行機運が陰っていたようです。私の乗る便以外にも、遅延欠航が大半で、空港は大混雑していました。

もっとも帰国前日、当日の上海、とくに浦東区の豪雨、雷雨はすさまじく、道路が川の浅瀬のようになっていました。風は無かったのですが雨量は相当なものであったと思います。今日は昼前に雨が止み、日も照ってきて少し蒸し暑いくらいの陽気になっていました。

 

 

香港から入り、短期間に深圳、上海(湖州日帰り)を回る、ほぼ1年ぶりの渡航でした。今回は筆、とくに在庫切れの筆の再発注が主目的でしたが、諸々の様子はいずれまた。

 

 

店主 拝

落款印01

9/20-25 臨時休業のおしらせ

台風もようやく遠ざかりましたが、皆様方に置かれましては、生活の方、影響はございませんでしたでしょうか。

 

 

台風はいうなれば地球上の熱の循環を担う現象であって、赤道付近の熱量を北へ移動させて気温を平均化し、また地熱を雨で冷やして河川から海へ流す働きをしています。その台風、北米ではハリケーンが年々強大化しているというのは、やはり地球が熱くなってきていることを実感せずにはおられないところです。

 

 

 

9月20日〜25日まで、臨時休業いたします。ご不便をおかけいたしますが、なにとぞご了承ください。

 

店主 拝
落款印01

| 1/363PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM