深圳の人参果

.......深圳のとある市場で、怪異な果物を見つけた。”人参果”、とある。これは....
人参果
南朝梁に書かれたといわれる「述異記」には、
”大食王國,在西海中。有一方石、石上多樹、幹赤葉青、枝上總生小兒、長六七寸、見人皆笑、動其手足、頭著樹枝。使摘一枝、小兒便死。這果子遇金而落、遇木而枯、遇水而化、遇火而焦、遇土而入。”
”大食(たいしょく)王國、西海(せいかい)中にあり。一方の石あり、石上に樹多く、幹は赤く葉は青く、枝上に総て小兒を生ず。長さ六七寸、人を見て皆な笑う、其の手足を動かし、頭は樹枝に著かる。一枝を摘(つ)ましめば、小兒は便(すなわ)死す。果子は金に遇えば落ち、遇木に遇えば枯れ、水に遇えば化し、火に遇えば焦(こ)げ、土に遇えば入る。”

この人参果であろうか。

あるいはまた「大唐三藏取經詩話·入王母之池第十一」には
”已有王母蟠桃入池化為小兒、再化為乳棗、猴行者取以食法師、“後東歸於唐朝、遂吐於西川、至今此地生人參是也”
”已に(西)王母の蟠桃(ばんとう)、池に入りて化して小兒と為るあり、再び化して乳棗と為る、猴行者(こうぎょうしゃ)取り、以って法師に食わす。後に(法師が)唐朝に東帰(とうき)するにおいて、遂に西川(せいせん)において吐き、今に至り此の地に生人參を生ずるは是れなり”
人参果
とある。これであろうか.......確かに皆笑っている.......しかし子供というよりはふくよかな僧侶を思わせる風貌であるが......皆死んでいるに違いない。ためしに5〜6個買って、夕食時に呼ばれた朋友の家に土産として持参してみた。

湖北出身の朋友も目にしたことが無く、「ひとつ食べれば齢三千年を得る」とか「収穫するときするどい叫び声をあげ、聞いたものは死ぬから訓練した猿にとらせる。」などと言い合って楽しんだが、しばらく飾って楽しもう、ということになった。
ところで朋友夫妻のところには子供が生まれていて、子供の面倒を助けるために実家から両親が来ていたのだった。夕食はお父さんが作ってくれるのである。食事が終わってくつろいでいると、お母さんが果物を切って運んできてくれた。赤いスイカの隣には、緑色のメロンのような切片が.......どうやら人参果を2個ほど切ってくれたらしい。皮をむいたら、メロンと大差ない。朋友は「あ〜、もったいない。」と言っていたが、せっかく切ったのだから食べるよりない。味は、というと......味のないメロン、胡瓜のような味である。とらえどころのない、昔風に言えば「タマシイのような」味である。
.......はたして延寿に功ありや否や。
落款印01


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM