6/12〜21日 臨時休業いたします。

......6/12から6/21日まで、在庫整理と商品入荷のため、営業をお休みいたします。ご不便をおかけいたしますが、なにとぞご了承ください。

新しい筆を入荷しますが、現在欠品、品薄になっている筆を再入荷します。工業製品と違って、手工業製品なので、前回ロットとまったく同じというわけにはいかないのが難しいところです。しかし昨今、書道用品業界全般の質的な凋落傾向の中にあっては、かなり高い水準で品質を維持してくれていると確信しています。これで価格も同じなら良いのですが.......こればかりはいかんともしがたいところがあります。巷間の人件費の高騰、物価の高騰と比較すれば、文房四寶に関してははまだしも穏やか、と言えるかもしれません。現在のベテラン職人は、むかし国営の製筆工場で働いていて、今は年金をもらいながら、物価の安い地方で筆を作っている、という事情も働いています。

昔に比べて大陸の筆や紙が悪くなった、という声を聞くことが多いですが、私の印象でいえばここ数年、価格も高くなりましたが、一部で質の高い製品をつくるところも出てきています。こういった製品は、職人の手から離れたときからすでにそれなりの値段がついているため、輸入して日本で販売するのが難しくなっている、という事情もあります。大陸経済の先行きに関しては、どうこういっても、あまり楽観できないですが、反面、70年代などに比べれば、全般的に格段に豊かになったのは事実です。(全体ではないにせよ)ゆとりのある生活を送れるようになった人々の一部が、書画篆刻といった古典文化に目を向ける中で、文房四寶に対する要求も年々高度になっている傾向が感ぜられるます。高価でも、品質が良ければ購入するユーザー層が生まれている、という事でもあるでしょうか。
日本国内に目を向ければ、70年代、80年代に大量に輸入されていた高い品質の文房四寶が、雪崩をうって大陸に還流していっています。その勢いを目の当たりにしていると、ただただ茫然とするよりありません。
往時、大陸で生産された品質の高い筆や墨、紙、あるいは硯のほぼすべては、外貨獲得のために日本へ輸出されたのでした。70年代初頭の鐵齋翁書畫寶墨などは、当時で5000円前後はしたものですが、大卒初任給が4万円の時代です。今の物価感覚にもどせば、2万円〜2万5千円はくだらないでしょう。それでも当時、書をたしなむ人々は競って買ったものでした。そう考えてみると、半世紀たたずにまったく価値観が変わってしまった、ということなのかもしれません。

大阪、とくにミナミを歩いていると、外国からの観光客の人の流れ、その勢いが衰えないなあ、という印象を持ちます。彼らは食文化をはじめとして、日本のさまざまな文化に惹かれてはるばるやって来られているのだとすれば、日本人としてうれしい気持ちもあります。そもそも海外に旅行する、というのは、おそらく異文化に触れることが一大目標になるのでしょう。和服を着て、日本の街を歩く美しい女性たちも目を引きます。日本の伝統文化が、海外の人に魅力的に見えるというのは喜ばしいことでしょう。世界に誇る日本の伝統文化、のようなこともいささか臆面不足なまでに、盛んにメディアに喧伝されまています。
初めて来日した海外の人にとっては、割りばしの箸袋だって珍しく目に映るかもしれません。しかし、いつまでもそうでしょうか。特に日本を気に入ってくれた人ほど。

ところでひと昔前の書道教室といえば、初学者は徹底的に臨書、とくに楷書の臨書に励んだものでした。楷書の基礎が無いと、行書や草書には進めない、と言われて我慢したものでした。初心者ほど、やはり流麗な行書を書いてみたい。あるいは仮名にも触れてみたい。という欲求があるものです。ところが現代は「まずはみっちり基礎を」式の教え方は大変不人気で、いきなり王羲之の蘭亭序とか、はたまた呉昌碩とか、気に入ったのを自由にやるのが良い、ということになっているようです。時代の流れでしょうか。近頃、私が通っていた大学の書道部の書展を観に行ったのですが、学生たちが自分の書いている作品の内容を読めないという事実に愕然としました。まあ、直接読めなくとも、注釈で確認するなり出来るでしょうが........適当に、黄庭堅や王羲之の一部を、文章の切れ目も関係なく抜き出して書いて得々としているのですね........自分が読めない文字をかいて書だという.......いよいよ書芸術もコンセプチュアル・アートに昇華したようです。漢文は、私のころは理科系でもセンター受験科目でしたが、今は変わったのでしょうか.......
幕末維新、都会のなまくら剣法が、実戦的な田舎剣法に文字通り太刀打ちできなかった歴史がありました。町道場は弟子のやる気の程度にあわせて、適当に目録、免許を与えていたのも、月謝がなければ経営がなりたたないので仕方ない一面があったといいます。自給自足の田舎道場はそんな必要がないので、ひたすら強さを追求できた、という事情もあります。平和な江戸時代、剣術が実用の手段ではないからこそ、ハク付けだけが通用したのでしょう。
毛筆で書を書くという行為に実用上の必要性が無い現代、書の稽古も果てしなく”自由”になってゆくのだろうと思います......是非はともあれ、それに一抹の危惧をおぼえるあたり、私も古い人間の部類に入ってしまったようではあります。
落款印01


calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM