豪雨に思う

西日本が記録的な豪雨にみまわれています。被害に遭われた方々には、心よりお見舞い申し上げます。

台風などではなく、長雨でこれほどの被害が出たのは記憶に無いと思います。その昔、昭和50年くらいから20年間ほどの降雨のデータを整理するような仕事をしていたことがあり、特に名称がつけられるほどの集中豪雨であるとか、記録的な大雨がどのくらいの降水量であるか、およそ見当はつくのですが、それにしても今回の雨量は尋常ではないと思います。今後、日本列島における水災害の性格が変わっていくのではないか?いや、すでに変わってきている、という気もします。

話がそれるようですが、先日、ワインを商っている人と話をしていたのですが、ヨーロッパのワインの世界では、2004年からはっきりと温暖化の傾向が出ているということです。
具体的に言えば、気温が高いためにブドウの皮が薄くなり、糖度が高くなっているということです。全般的にワインが甘くなる傾向があることと、ブドウの皮が薄いために渋み、タンニンが弱くなったと。
ワインは寝かせることでタンニンが軽くなり、渋みが抜けるのですが、はじめからタンニンが弱いので、あまり寝かせなくても飲みやすいワインが増えているのだそうです。
世界的にワインの消費量が伸びている中で、あまり寝かせないでも飲みやすいワインが出来ることは、ワインを供給する側からいえば有利な面もあり、醸造家も”若飲み”出来るワインを造る傾向にあるそうです。その反面、伝統的なワインの味わいからはだんだんと離れてきている、という事実もあるのだとか。

温暖化のメカニズムについては、解明されていないところが多いのが現状だという事です。CO2の増加が主要因に上げられ、それなら化石燃料を燃やすのはやめて原発にしましょう、という論理に基づく、産業界全般の流れのようなものがあったのも事実です。が、一説には原発が無駄に捨てていいる膨大な熱量が、冷却水で熱交換されて最終的に海に流れ込むため、海水温があがって温暖化を招いている、という説もあります。

印象として、たしかにここ10年で気候が毎年急激に変化しているように思えます。ちょっと思い当たるのが、雲の動きです。
雲は大気の熱を宇宙に拡散させない働きがあり、雲が少ないほど気温は冷えやすい、という事です。冬場に晴天が続くなかで強く冷え込む、いわゆる放射冷却がそれですね。
しかし一方で、地表の熱で水蒸気が生まれるとき、気化熱となって地表が冷却されます。水蒸気が高い高度で冷やされて雲になり、冷やされた水蒸気が雨となってまた地表の熱を冷ます効果もあるわけですね。
曇天の方が一般的に気温があがらないわけですが、逆に雲があることで宇宙に熱が逃げにくい、という見方もあるとすると、その差引勘定はきっと複雑で解析的には解けないような数理モデルになるのであろうなあ、という事はぼんやりと想像されます。

2004年からの、記憶に残るほどのやや急激な気象の変化を思い浮かべつつ、その間に人間社会に何が起きていたか?というと、ごく狭い個人的体験に照らせば、やはり大陸中国の経済成長です..........ただしもちろん、温暖化傾向を大陸の産業活動のみにこじつけよう、という意図はありません。
しかし一点、懸念されるのは、大陸で盛んにおこなわれている人工降雨です。


慢性的な水不足に悩む大陸では、各省でヨウ化銀をロケットで雲に打ち込んで降雨を促す、人工降雨が盛んにおこなわれています。隣接する省ごとに、雲の奪い合い、というような事態になっている、という話も聞きます。さらに今年の4月、チベットや新疆で、イベリア半島の数倍の面積におよぶ広範囲で、人工降雨を試みる、というプロジェクトがあることが報道されています。チベットには黄河の源流があるわけですが、ここの雨量を増やすことにより、特に水が不足する中国北部の水資源を確保しようという試みですね。ヨウ化銀を気化させる装置で降雨を促し、百億トンにもおよぶ降水量の増加を計画しているという事です........大陸の水不足の深刻さは昨日今日に始まったことではないですが、直感的に、こういうやり方が地球の気象環境に与える影響はどうか?というような事を考えないわけにはいきません。いずれ雨となって地表に降り注ぐにしても、本来上空にあったはずの雲が予定よりも早く消失してしまうという現象を人為的に起こしたときに、何も特別なことが起こりえないものでしょうか。
もっともこの人工降雨、なにも大陸だけではなく、いまや世界各国、もちろん日本でも行われています。

気象操作の元祖はやはりアメリカで、ベトナム戦争の際は、アメリカ軍が「ポパイ作戦」と称する降雨増加作戦をおこなっていました。
また北米を襲うハリケーンの中心に、爆撃機でもって大量のヨウ化銀やドライアイスを散布し、上陸する前に雨を降らせてしまう事で勢力を弱める、というような実験はかれこれ半世紀前にアメリカで実際に行われていました。その結果、予想されたハリケーンの被害は確かに相当減ったそうです。しかしその後継続されなかったのは、一回発生したハリケーンの被害を防ぐことで、後続して発生するハリケーンがさらに強大化するといった、副作用をもたらす可能性がある、という事が主張されるようになったから、という話があります。
大きな被害をもたらすハリケーンや台風も、地球上の壮大な熱の循環過程で、やはり理由があって発生しているわけですから、それを人為的に変えてしまう事で、どこかで別の被害が生じる、という事は考えられるわけですね。しかし、そのシステムは相当に複雑で、証拠を並べて「こうだ!」と断定するのは、実際の所は相当難しい、というところがあります。”十分条件”しか言えない”サイエンス”というものの、本質的な限界、という事かもしれません。

なので人工降雨と、甚大な被害をもたらした今回の豪雨を結び付けて因果関係を主張するのは、もちろんナンセンス、という事になります。
そうなってくると、やはり先人たちが持っていた、自然に対する畏れ、はばかりといったような、”知恵”のようなものを、あらためて見直す必要があるのかもしれません。
落款印01


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM