新老坑硯五面 〜有眼荷葉硯

新老坑硯を五面、あらたに店頭にお出しした次第。今回、弊店にしてはややおおぶりな、ハスを模した荷葉硯もある。この新老坑硯、珍しいことに眼がある。
2019_R0056908.jpg
......寶硯堂硯辨には、老坑水巌は大西洞の三層の石をさらに上下二層に分け、この上層の部分を”腰石”と呼び、よく眼が出ると述べている。手のひらに載るほど大きさながら、眼が必ず数個はあると。
正直、この"腰石"に相当するであろう大西洞の硯石については、恥ずかしながら過眼している自信がない。”かならず数個の眼が出る”というあたり、そのような老坑水巌の硯石が存在することが、やや信じがたい思いがする。
大西洞の三層であれば必ず佳材に違いない。いや大西洞に限らずとも、佳材にしてかつ眼が数個もあるような老坑水巌自体、記憶の中でも片手に満たない。
一般に老坑水巌に眼の出ることは極めてまれで、それは老坑水巌近傍で発見された新老坑においても同様なのである。

端溪を特徴づける石品として珍重される眼、ないしは石眼であるが、端溪だからと言って眼が必ずあるわけではない。
比較的よく眼がみられるのは坑仔巌であるが、坑仔巌の眼はおおむね丸くて黄色味の勝った色をしている。老坑水巌といえば淡い緑色、ないしはさらに青の勝った翡翠色をした、いわゆる鸜鵒眼(くよくがん)である。しかし現実、老坑系の硯石では鸜鵒眼はおろか、死眼ですらめったに見られるものではない。

端溪といえばやたらと石眼を珍重する向きがある。以前にも触れたが、夏目漱石の”草枕”では、田舎の温泉を訪問した主人公が寺の茶席に呼ばれ、蜘蛛を模した端溪硯を見せられる。じつに九つもの眼のあることをもって、非常に貴重な硯であるとしている。
 
「中央から四方に向って、八本の足が彎曲(わんきょく)して走ると見れば、先には各(おの)おの鸜鵒眼(くよくがん)を抱かえている。残る一個は背の真中に、黄(き)な汁(しる)をしたたらしたごとく煮染(にじん)で見える。 」

この石眼、蜘蛛の足上にひとつづつと、背中にひとつの、合計9つであったと描写されている。その眼のいちいちが蜘蛛の足の配列に従ってほぼ等間隔に並んでいる旨が”草枕”には描写されている。むろん自然に生まれた配列ではないだろう。後から別所の眼をもって補填した、いわゆる”嵌め眼”と考えられる。
背中の眼だけが黄色く、他が鸜鵒眼であるという。自然に表れたのは背中の黄色い眼であり、鸜鵒眼は”嵌め眼”に相違ない。およそ一硯の一面に現れる眼の、あるモノが黄色く、またあるモノが緑がかった鸜鵒眼、これらが混ざり合っているということはまずない。
2019_R0056911.jpg
実のところ弊店で扱ってきた新老坑硯も、明瞭な眼の出るものはなかったはずである。眼の出た硯だけ秘蔵しているわけではなく、眼の出ていて、かつ材質のいい硯は滅多にお目にかからないからである。
硯としての性能を全うするだけの堅牢な鋒鋩であるとか、材の温潤さを重視して選別していると、眼の出る硯ははじかれてしまうことが多い。とはいえ眼だけを重視して硯を選んでいると、それなりの数の端溪硯が出てくるのである。しかしあいにくと材質が劣っていることが多いのである。
眼が出ているからと言って材質が悪い、ということではないが、材質が良くかつ眼が出ている硯は不思議と少ないのである。

石眼にかぎらず、硯に現れるさまざまな外見上の特徴、すなわち”石品”でもって硯石、とくに端溪硯の良しあしを判断するのは危険である。良い石品が出ているからと言って、鋒鋩が堅牢であるという保証はどこにもない。また確たる石品が現れていないからと言って、材質が優れていないとは限らない。硯をもっぱら観賞用の石の彫刻とするならば、石品をもって価値を決めるのもひとつの価値観であろうけれど、その見方を当方は採らない。
2019_R0056895.jpg
しかし強いて石品を重視するのであれば、それは”青花”であろうか。寶硯堂硯辨でも、天青に続いて石品の筆頭に挙げている。また青花に付随して現れる蕉葉白や魚脳凍、などがたっとばれる。「寶硯堂硯辨」に限らず、幾多の『硯説』が述べるところでは、青花は硯石の精華であり、佳材の証であるとしている。
太陽の下において、水に沈めた時に青花が浮かび上がるさまは硯石が脈動するかの如く、生命力を感じさせて好ましいものである。
しかし注意を要するのは「寶硯堂硯辨」が説くのはあくまで老坑水巌において、という点である。青花は麻子坑や坑仔巌にも現れる。しかし青花が出ているからと言って、他の雑坑の硯石が老坑水巌に勝る、ということを意味しないのである。このたありは言葉の論理をよくわきまえておかなければならない。別段”必要条件”や”十分条件”を持ち出さなくてもいいが「逆、必ずしも真ならず」は、常々頭に置いておかなければならない。老坑水巌であり、かつ青花が出ている場合において、という意味である。

昨今、金線銀線や氷紋のあるをもって老坑水巌である、とみなす傾向がある。また眼の出る端溪硯を珍重する向きも、やはり根強いものがある。しかしながら金線や銀線は古くは石瑕として扱われた石品である。また石眼も同様、削り取られてしまっていた時代もあった。金線も石眼もともに、それらが現れていたからと言って硯石の温潤なことを担保しないからである。
2019_R0056902.jpg
さて、この荷葉硯は写真には写りにくいのであるが、細かい青花が一面を覆っている。弊店が扱う硯としては、今までの中で最も大きい部類であろう。しかし一般に老坑ないし新老坑に巨材は少ない。面積にして小さく、厚さが薄く、かつ不定形をしていることが多い。不定形の天然石を四直の硯板状にカットしようとすれば、相当部分を捨てなければならないのである。
硯背と硯面に数条の金銀線が走っているが、それはハスの葉の葉脈に見立て、荷葉硯に仕上げているのである。墨池を持たない硯板状の硯はいささか玄人好みである。もっとも大きな眼の周囲を若干もりあげ気味に仕上げているのも、古来からの有眼硯の作硯手法である。ゆえに硯面は完全な平面ではなく、緩やかな起伏がある。大きさが大きさだけに値段も値段なのであるが、当面、店頭を飾ってもらえればヨシ、という次第である。
落款印01


calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM