墨汁の功罪 〜墨汁の歴史?

一世を風靡した「一得閣墨汁」はたちまち中国全土に広がった。科挙制度が廃止された後も、対聯や大幅の揮毫に、即席に大量の墨液を必要とする需要は絶えなかった。
鉛筆や万年筆の普及によって、毛筆で書くという行為が実用の場面から急速に失われて行く反面、技芸としての書画は、大衆化がその需要を支えることになる。
光緒年間に、工業用の黒鉛を墨に使用して大成功を収めた廣戸氏胡開文も、早速墨汁の製造に着手する。胡開文は工業用の黒鉛を墨汁にも使用し、天然油脂から焼成した油煙を使うよりもはるかに安価に、大量の墨汁を作り出す。

一得閣は、1956年の”公私合営”によって「北京墨汁廠」となり、さらに1960年代の終わりに「北京製墨廠」という名で国営化される。この時期に、墨汁の配合や製法の”近代化”が進んだという。
初期の墨汁の欠点は、長期保存が利かないことであった。長く置くと煤の成分が分離沈殿する。また夏季は腐敗も避けられなかった。その点を改良するために、防腐剤、安定剤が加えられ、さらに滲み加減を調整するために浸透剤が添加されるようになる。
これら薬物の配合は、現在も各社各製品それぞれ工夫があるであろうが、食品と違って成分表示の義務付けがないためか、その詳細は明らかではない。
現在の中国では、一得閣墨汁の他、中華墨汁、胡開文墨汁、曹素功墨汁、そして紅星墨汁(宣紙工場が作った墨汁)などが、おもなブランドとして流通している。しかし、小生が知見した範囲では、いったいどの墨汁がどこの工場で作られているか、皆目検討もつかない状況である。(調べる気があまり起きないというのもあるが….)またすくなからぬ量の墨汁が、日本へ輸出されていることも忘れてはならないだろう。
小生が特注墨を製造依頼している墨工場も、墨汁、それも100%桐油煙、あるいは松煙を用いた書画家専用墨汁を製造している。それは、専門家用に特別に調合した墨汁であるが、それでも工場の老板は「やはり作品を残すプロの書法家や画家は、固形墨を磨って使うべきである」と説く。
墨汁は、品質を長期安定させるための化学的な薬剤の添加が避けられず、それが長期的には作品の劣化につながると言っているのである。また、墨汁で書いた書や画は経年劣化するが、良質の固形墨を用いた作品は年々墨色が濃く艶やかさが増すといっている。
「私は作家にいつも言うのです。“墨汁を使えば、50年後にあなたの作品はゴミになってしまいますよ。そんな作品を売ってもいいのですか?”と。」

現代の日本の“書道“に関して言えば、大規模展覧会やパフォーマンスなど、そもそも作品の保存性や耐久性を考慮する必要が無いカタチでの活動がその中心になっているようだ。
この事情は多かれ少なかれ、日本も中国も変わりは無い。時間に追われる中、大量の墨液を必要とする“書道家”達にとって、墨汁は今後も重宝であり続けるだろう。
また墨汁の使用に抵抗感がないのは、日本よりもむしろ中国においてかもしれない。固形墨を使うことの意義を、懐古趣味と同程度にしか認識していないフシがある。プロの作家も、テレビ番組や教則本で堂々と墨汁の使用を認めているのが現状である。
ビジネスとして考えた場合、書画の市場拡大を図るためには、一般の人が入りやすい安易な手段を提案するのも一つの戦略である。墨汁の使用に懐疑的な人も多い(しかし使う人も多い)日本にくらべて、墨汁を自国の発明品として誇る中国において、その使用はむしろ推奨されてさえいる。
多様な消費文化が現れては消える現代社会において、書画のような伝統文化を継続普及させたという意味では、墨汁が果たした役割は無視できない。しかしながら、書画という文化の重要な部分を変質させてしまった事実は、考え直す時期に来ているのではないかとおもう。

一得閣が北京で創設されたことから、墨汁の使用は北方、特に北京において顕著であるという。実は現在、清朝以前の古墨の多くは北京にあるといわれる。実際、江南諸都市ではほとんど見かけない清末の古墨でも、北京であれば市井の骨董屋でもまま見ることが出来る。
清朝の都として、とりわけ多くの墨が集められたことが理由に考えられるが、大都市だけに本来消費もそれだけ大きいはずである。あるいは墨汁の普及によって、固形墨を磨る習慣がなくなってしまった事も、北京に古墨が残った要因ではないかと考えているのだがどうだろうか。(功罪という意味では功績にあたるかもしれない)

北京の書画家の多くが墨汁を使用する中で、晩年に至るまで嬉嬉として墨を磨した書画家がいた。ほかならぬ斉白石である。彼の墨盒にはいつも小さな歙州龍尾石の硯板が入っていたという。
斉白石はもともと南方の湖南省出身で、北方へ渡ったのは壮年の頃からである。「北斉南呉」(北の斉白石、南の呉昌碩)と言って、斉白石を北の大御所に据えるには、実はやや難があると思われる。
斉白石以外にも、清末民国から戦後にかけて活躍した書画家の大半は江南の出身者である。呉昌碩(湖州安吉)、傅抱石(江西新余)、張大千(四川内江)、徐悲鴻(江蘇宣興)、黄賓虹(安徽歙県)、李可染(江蘇徐州)、謝稚柳(江蘇武進)、そして呉冠中(江蘇宣興)等等、現在も国際的なオークションを賑わす一流どころはみな南方の出身者である。
北方出身者の中からは、上記のようなビックネームの列に入るだけの書画家は、現在に至るまでついに輩出しなかったのであるから不思議ではある。この原因が幼少期からの墨汁の使用にあるとまでは言い切れないし、上記の作家の中でも、作品に墨汁を使用していた人はいる。
ただ小生としては「50年後にゴミになる。」といった墨工場の老板の言葉が、何事かを示唆していると、思われてならない。

(おわり)
落款印01


calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM